はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。スマートフォン用の表示画面より過去記事一覧を確認する場合は、ページ最下部からPC版へ表示を変更して頂き、ページの最下部をご覧下さい。

11/8マコガレイ尺超え

11/8(土)のカレイ狙い釣行記録です。

前回は江田島で手のひらサイズのマコガレイしかゲットできなかったので、今回はサイズアップを狙いたいですね。欲を言えば、30cmアップいわゆる尺超えのマコちゃんが釣れれば良いのですが・・・・。

前日の仕事の疲れが溜まっていますが、不思議なもので釣りとなると目覚ましをセットしていなくても勝手にAM4:00過ぎには目が覚めます。のそのそと起床し、ゆっくり準備を開始します。


4:57出発! 外気温11℃

長袖Tシャツの上に少し厚めのパーカーという格好ですが、それほど寒くありません。室外計は11℃を差していますが、ホンマかな?

ポイント西広島バイパス店でホンムシと青ムシを購入。西広島バイパスを爆走し、いつもの大野浦を目指します。先週は大和製罐裏で37cmのマコガレイが2枚上がったとの情報がある為、大和製罐〜小田島公園付近に出撃するか迷いましたが、人さまに迷惑をかけずにのんびりと釣りができる、いつもの砂浜にしました。

先行者がいれば、少し先の鳴川海岸か玖波漁港付近でやってみるつもりです。






6:30釣り開始

幸いにも先行者はおらず。のんびりと仕掛けを準備して戦闘開始です。最初はヘッドライトが必要な程暗かったですが、あっと言う間に夜が明けて明るくなってきました。

本日の潮データですが、大潮 干潮3:41 満潮10:13 日の出6:37となっております。釣り開始時は、上げ4〜5分というところでしょうか? 満潮までに1回、下げ潮に変わったあとに1回、2回位は時合いがくるかな・・・。

1投目で根掛かり発生。何かおかしい・・?。薄暗いうちは良く分かりませんでしたが、見ると沖合80m〜100mライン、ちょうど潮目が良い感じで出ているあたりに等間隔でブイが浮かんでいます。タコ壺?ならまだマシでしたが、どうやら刺し網のようですね・・・・。これはやっかいです。


仕方がないのでブイ手前を狙います。上針にはホンムシ、下針には青ムシ3〜4匹房掛けで沖合70m〜80m付近にファイヤー。




左の竿に微妙なアタリが!

以前、福山出撃の際に真っ二つに折れ、ステンレスパイプで無理矢理修理した竿に微妙なアタリが出ました。クイッと竿先がおじぎをし、その後沈黙・・・。糸フケも出ずのままです。餌取りっぽいブルブルっというアタリではありませんでしたが、果たしてカレイか・・・・フグか・・・・その他エサ取りか・・・。



訊きアワセで魚がいることを確信し、ゆっくりアワセを入れると針掛かりしました。重量感はありますが、カレイにしては軽いような気がします。はて・・・? 


巻いて・・巻いて・・・・・。針がかりした魚がなかなか浮き上がらないところをみると、やはりカレイかな・・。


心配をよそに、茶色い物体がゆっくり底を這って近づいてくるのが目視で確認できました。




7:30 マコガレイ1枚目

尾っぽまでピンと伸ばして計測すると27.5cmでした。とりあえず早い段階で1枚釣れたのでホッとしました。下針の青ムシに食ってきましたね〜。青ムシのほうがアタリなのかも・・・。



漁船がちらほらと・・・

刺し網を回収?している船が1隻と、ナマコの底引き船が1隻、何をしているのか良く分からん船が1隻・・・投点付近に船がたくさんステイ&往来するようになってきました。非常に釣りにくいですが、まぁ仕方ありませんので、投げる竿数を減らし、近投に切り替えて船がどこかよそに行くまで我慢するしかありません・・。




景色がキレイです

宮島から顔を覗かせた太陽と空・雲が非常に美しい。私にとって釣りは、日常のストレスを解消する場でもあります。
キレイな海、空、山を見ながらのんびりと過ごす時間があるおかげで、ウィークデーを頑張って乗り切れるような感じがします。





フグ

ヒガンフグ?糸フケの出るカレイらしいアタリが出ましたが、犯人はコヤツでした。肉だけなら食べても問題無さそうですが、素人のフグ料理ほど怖いものはありません。針を外して海へお帰り頂きました。


 


エソ

カレイ狙いの時は、仕掛けをサビいて誘いを入れることが多いです。シンカーが底をズルズル1m程這って、砂煙を巻き上がらせるイメージです。今回はサビいた時の青ムシの動きにエソがリアクションバイトしてきました。サイズはそれほどでもないので、余裕で上がってきました。前回釣れたエソは3枚におろした後に冷凍保存している為、今回のエソと合わせてさつま揚げを作る予定です。



「いや〜、それにしてもエサ取りが半端ない・・」

特に青ムシなんぞは5分も持たずに素針状態になります。







チャリコ




エサ取りの正体が気になったので、キス針にチェンジして青ムシの切れ端をつけて投げ込んでみました。あわよくばキスが釣れるかも・・。と思いましたが、真鯛やチダイの幼魚「チャリコ」のオンパレードでした。

ブルブル・・・・・。


どこへ投げてもすぐにアタリが出ます。コヤツ達がアホみたいに湧いているのか・・・。




「どーも。釣れましたー?」

声をかけて下さったのは、中国・四国地方の海釣り総合サイト「海釣天UCHOUTEN」さんでした。釣り上げたマコを持ってパチリ! 写真を撮って頂きました。前回、前々回の釣行時もカレイと私の写真を撮って頂きましたが、ブログでは特に取り上げていませんでした。過去からもよくお声かけを頂き、釣果を掲載してもらっています。で、いつも記念にステッカーとおしぼりを頂いてますので今回は宣伝しておきますか〜。


海釣天ステッカー


パンフレット


海釣天さんのホームページはこちら↓
海釣天UCHOUTEN





満潮


時刻は10:15を過ぎました。かなり潮位が高くなってきたので、三脚を後方へずらして対応します。下げ潮に変わった直後なので今からチャンスタイム?です。あとしばらくしてアタリが出ればよいのですが・・・。



全仕掛けを回収し、新鮮なエサに付け替えます。ホンムシもちびちび切らずに1匹丸掛け。残り2投〜3投で本日は終了するつもりです・・・・。満潮から下げに転じて少し経ったあと、エエ感じで潮が動き始めました。うっすらと出ている沖の潮目付近めがけて仕掛けを投入していきます。沖合の刺し網も漁船が回収し、根掛かりの心配もありません。

「ファイヤーっ」






スマホの着信音が響きます。

僕「ハイ?」

嫁「ワレェー、いつまで釣りしとるねん。早よ帰ってこんかいボケーっ。」

僕「あっあのー、今から下げ潮でチャンスなので・・・モゴモゴ・・」

嫁「うるさいわいっ。チャンスもクソもあるかいワレェー! あと1回投げたら片付けて帰ってこんかい。」

僕「ヒィィィイーっ。かしこまりましたーーっ。」




左前方の沖にうっすら出ている潮目付近を爆撃していた青サーフに激アタリが出ました。訊きアワセ時に右方向に走りだすコヤツ・・・正体は?





アワセを入れると針掛かりしました! 慎重に巻いて・・・巻いて・・・・・・この感触は!!!




なかなかの締め込み♪





海底をすべるようにして近づいてきたのは、紛れもなくカレイちゃんでした。しかもなかなかのサイズです。










10:40マコガレイ2枚目

やっと今シーズン尺超えサイズが釣れました。35cmの立派なメスのマコガレイです。いやー、最近なかなかサイズアップできなかったので嬉しいですねー。



この後、ご夫婦?(カップル)で釣りに来られていた方から声をかけて頂きました。

「はまちゃんさん・・・・・ですよね?」

「ハ、ハイ・・・・・・・」

ブログを見て頂いているのは嬉しいですが、やはり声を掛けられると恥ずかしいやら照れくさいやら、・・・・変な感じがしますね(笑)。

この男性の方、先週に大和製罐裏で37cmのマコガレイを上げたとのことでした。事前の情報の釣り人はこの方でした。



さ〜て、来週は釣行できるか・・・・。











投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチりで元気倍増! 励みになります。
↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。