はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。

5/4相島釣行記

父親の四十九日も終わり、忌明けとなりましたので、早速5/4日(金)〜5/5(土)にかけて泊りで釣りをしてきました。


忌明け第一回目の釣り場として選んだ先は、猫島として有名な相島です。娘っ子も、「猫島へ行きたい〜」と前々から言っていたこともありましたので、今回は家族で島へ渡りました。


相島行き町営渡船が出ている新宮漁港へ到着したのは11時過ぎでしたが、駐車場はほぼ満車状態で切符売り場前にはすごい数の人がいました。もともとは、同じ職場で働くFさん家族と一緒に11:30便を利用して相島へ渡る計画(Fさん一家は夕方の便で戻る)でしたが、先に新宮漁港へ到着していたFさんより、「残念ながら、本日は人が多すぎて島へ渡れない・・」との連絡がありました。

11:30便・14:30便は整理券が(かなり早い段階で)すでに配布されており渡船には乗れず、16:40便で渡ったとしても相島発17:30最終便で戻ってこなければならないので、島滞在時間はわずか30分程度になってしまいます。仕方がないので新宮漁港で16:00頃まで釣りをして、Fさんと別れた後で16:40便を利用して島へ渡ることにしました。

新宮漁港での釣り詳細は割愛しますが、まわりの誰も釣れていない中で嫁さんが35cmのアコウ(キジハタ)、40cm近いギンポを立て続けに釣り上げ、「スゲースゲー」と人だかりができる有り様でした・・。娘用の安物ショートロッドに、仕掛けに関しても私が作成した超適当な胴付き仕掛けでしたので、なかなか嫁さんもやりよります(笑)。獲物は持参した小出刃と柳葉包丁を使用して、即興ですがお造りにして食ってやりました。Fさんの子供たちには好評でしたので、又機会を設けてご一緒できればと思います。



私(心の声) 「まぁ、アコウの35cmなんて鼻くそみたいなサイズやんけ。島へ渡って50cmオーバーを連発させてやるからな・・。」




到着!

新宮漁港から約20分間の船旅でしたが、この日は爆風で海はかなり波が高く、欠航する可能性もありました。なので船は波に煽られて大揺れし、乗船客の内数名が強烈な船酔いでリバースしていました。実は私も少しだけ気持ち悪くなりましたが、娘は揺れが楽しいらしく大はしゃぎしており、嫁にいたってはイビキをかいて爆睡しておりました・・。嫁、おそるべし・・・。



かご網1号

今回は、サイズの小さい1号のみを持参しました。2号は60cm×80cm程あるので今回はパス・・。とりあえず、サバの切り身を入れて海中へドボン!!



テント設営

サビキでアジがポツポツと釣れますが、いかんせん爆風の為やりにくい・・。色んなものが飛ばされそうになり、気になって釣りに集中できません。とりあえずはテントを設営し、(ビール、氷満載)クーラーボックスを始め、目方のある荷物をテント内へ入れて重しにしていきます。

このテントは釣り用の第2号なのですが、なんとネットショッピングで2600円の代物です(笑)。値段の割には基本的な作り込みはしっかりしており、メッシュカーテンも付いています。又、大人二人でも余裕で寝転ぶこともでき、一人で使用するには広すぎる程です。折りたたんでしまい込むと、ティッシュの箱以下の大きさになります。




ササギちゃん

娘っ子が一番気に入っているネコで、名前は「ササギ」と言うらしいです(町営渡船事務所の女性から訊きました)。テントの中に入ってくるとややこしい(オシッコ等)ので、いくら可愛くてもテント外で遊ぶようにしています。



鉄板焼き開始!

釣りブログをされているケンタさんに影響を受け、私も鉄板を買ってしまいました。ケンタさんを真似てヨコザワ鉄板にしようと思いましたが、少々お高い(私にとっては)ので、安価なモノをメルカリで購入しました(笑)。

肉を焼いていきますが、これまた美味い! わずかA5サイズの鉄板ですが、厚さは6mm以上あり思った以上に熱伝導が良く、なによりもサイズの割に多くの食材をのせることができました。バーナーの上に置くだけで即調理ができるのでコイツは購入して良かったです。いや〜、ケンタさんの言うとおり!




かご網回収

さ〜て、腹も膨れたことだし、一度かご網の状況をチェックしてみるか・・・。


中身

ゴンズイ・・・・。

アナゴなら大歓迎ですが、いつもコヤツばかりです。






ノマセ釣りスタート!

渡船、浮きフロートへの渡し船の航行も無くなりましたので、満を持して投げ竿を使用してノマセ釣りをスタートさせました。丁度良いサイズの小アジが釣れず、かなりデカいサイズでしたが仕方なく針に掛けて投入します。

本当は波止の先端に入りたかったのですが、あいにく泊りの先客がいた為不可でした。先端の釣り人と絡まないように細心の注意を払いながら仕掛けを投入していきます。計4本の赤サーフを投入し、竿の先端にはケミカルライトをセットしました。あとはドラグが鳴るのを待つだけ・・・。ちなみにアジバケツにはブクブクを取り付け、釣って保管しているエサ用のアジが弱らないようにしています。

さ〜て、アコウ、その他のフィッシュイーターが食ってくるか・・。




朝焼け

美しい朝焼けです。風もずいぶんとおさまってきました。


釣れず

・・・・・何も釣れず。というか、アタリも出ずでした。撃沈です(泣)。




撤収

結局、釣果はサビキのアジ(10cm〜最大25cm)が約100匹。大物は釣れずでしたが、久しぶりの釣りを満喫できました。やっぱり、釣りはイイですね〜。





投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチりで元気倍!! 増励みになります。
↓↓
みなさまの応援ポチりをお待ちしております。
↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。