はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。

釣友からのお土産

ブログの更新が遅延しております・・。

先月11月の話です。

ブログが縁となって知り合った広島(呉市)在住の釣友がまたまたやらかしました。やらかした・・・と言っても、酒に酔って下半身をさらけ出すなどのワイセツ行為や、マンションの洗濯物(女性のパ〇ティー)を盗むといった窃盗行為等、犯罪にまつわるような話ではございません(笑)。すばらしい釣果を出したということです。

さて、広島の赤い彗星と言われている釣友の「少佐」さんですが、11/23(金)〜11/25(日)の三連休を利用して長崎県の五島列島へ遠征され、イシガキダイ、アコウ、アカハタ、グレを大量に水揚げして博多港へ帰還されました。もともとフカセ釣りを得意とされていた彼ですが、今回もフカセ、投げの両刀使いでバンバン大物をゲットしたと思われます。ちなみ、あちら(夜)の方も両刀使いでいらっしゃる少佐さん・・、女性だけでなく男性にも興味があり・・という冗談はここまでとして・・(笑)。

釣果の一部




グレ

今回は、お土産としてグレを3匹頂きました。1匹は30cm程でしたが、残る2匹は40cm超の良型でした。体高もあり、丸々としていますね〜。グレはタイやイサキと比べると、あまり市場には出回らない魚ですが、食べると非常に美味い魚です。引きの強さ、やりとりの面白さからフカセ釣りのターゲットとしてはNO,1の人気を誇り、超大型を狙って時間とお金をかけて遠征される方も少なくありません。


三枚おろし

1匹ずつ丁寧に締め、大量の氷で鮮度が落ちないようにしてくれていましたので、身はとても弾力がありプリプリしていました。魚を良く知る方からのお土産は、安心して捌くことができます。

夏場に少量の氷(ケーキの保冷剤程度)だけを持参し、サビキで釣れた小アジやスズメダイをどんどんクーラーに放り込み、帰宅時に「ゲッ!腐ってる!」と全てを海へ捨てている家族連れ、あるいは大物が釣れても締めもせず、又保冷が甘いが故に身がズブズブになり、「とても刺身では食べられない・・」という状態になってしまった方を何度か見たことがありますが、やはり魚の鮮度をキープするには(特に大物は)締めと保冷が必要ですね〜。


刺身

前回遠征時に少佐さんから頂いたグレ、イシガキダイと比べると幾分脂の乗りが少ないと感じましたが、タイに似た身はほんのりと甘く、非常に美味でした。


刺身

こちらは3日目のモノです。いつものように柵にした後、少量の振り塩をしてキッチンペーパーでくるみ、更にラップを巻いて冷蔵庫で保存していましたので、鮮度は落ちていませんでした。少しだけ熟成が進んだ様子で、旨味は増しているような気がしました。秒速?でオッサン化している私ですが、オッサンになればなる程(笑)紅葉おろしとポン酢が好きになっている感じが否めません。




刺身(昆布締め)

こちらは1週間後のモノです。昆布締めというより、昆布風味のハムみたいになっています。日本酒、焼酎によく合いますので、どんどん酒が進んでしまいますね。ちなみに刺身のツマは白髪ネギで、昆布締めと一緒に食べると本当に美味いです。


少佐さん、毎度ありがとうございます。土産はキレイに食べ尽くしました。


次回の土産はイシダイとイシガキダイをお願いします(笑)。








投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリで元気倍増!励みになります。
↓↓
みなさまの応援ポチリをお待ちしております。
↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。