はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。スマートフォン用の表示画面より過去記事一覧を確認する場合は、ページ最下部からPC版へ表示を変更して頂き、ページの最下部をご覧下さい。

自転車のパンク修理

今回も釣りネタではありません。

 

先日、嫁さんの自転車がパンクしました。前輪で何か尖ったものを踏んだのか、タイヤに空気を入れてもすぐに萎んでしまいます。

 

嫁チャリ

f:id:hamafish:20200413045317j:image

どこにでもあるママチャリですが、子供が幼稚園児の頃は毎日送迎バス乗り場まで後ろに子供を乗せ、前かごにはスーパーの買い物袋を積んで爆走してきたスーパーサイクルなので、かなり思い入れがある自転車です(笑)。

 

まぁ、あまり綺麗とは言えませんが…。

 

 

パンク修理キット
f:id:hamafish:20200413045310j:image

工具箱の中で眠っていた代物です。15年程前のモノですが、使用可能だと思います。

 

中身
f:id:hamafish:20200413045249j:image

ゴムのり、タイヤからチューブを外す工具、穴を塞ぐパッチ、紙ヤスリがキットの中身です。

 

 

作業開始
f:id:hamafish:20200413045246j:image

過去にも自分でパンク修理をしたこともあるので、要領は分かっています。幼き頃、父親に連れて行ってもらった自転車屋のオヤジさんがパンク修理をする様子を興味深く見ていた自分がなんだか懐かしいですね。

 

まずはタイヤの空気を全て抜いて、タイヤからチューブを抜いていきます。

 

チューブ取り外し
f:id:hamafish:20200413045238j:image

取り外したチューブに、とりあえずは空気を入れて様子を見ます。

 

 

 

穴を確認中
f:id:hamafish:20200413045306j:image

水を張ったバケツにチューブを入れ、穴が開いている箇所を探します。穴からは空気の泡が出てきますので、素人でも簡単に見つけることができます。

 

ゴムのり
f:id:hamafish:20200413045235j:image

さて、穴が分かれば次はゴムのりを使用してパッチを貼るのですが、まずはその前に…。

 

ヤスリがけ
f:id:hamafish:20200413045253j:image

パッチを貼る箇所を紙ヤスリで少しだけ削ります。パッチとチューブがよく馴染むようにする為ですが、やり過ぎは厳禁。

 

補修シール
f:id:hamafish:20200413045302j:image

ゴムのりを薄く塗り、2〜3分待ってゴムパッチを貼り付けていきます。裏表を間違えないように注意し(見ればわかりますが)、穴を塞ぐように丁寧に貼り付け、最後にハンマーで叩いて密着度を上げてやればOKです。

 

最終確認
f:id:hamafish:20200413045259j:image

補修箇所はもちろん、他の場所から空気が漏れていないかを再度確認します。

 

 

 

チューブイン
f:id:hamafish:20200413045256j:image

空気を抜いたチューブを、工具を使用してタイヤの内側にはめ込んでいきます。軍手をしてなかったので、手は真っ黒!

 

 

 

完成!
f:id:hamafish:20200413045242j:image

空気を入れて最終チェックすれば作業終了です。なかなか楽しい作業でした。

 

 

 

復活!
f:id:hamafish:20200413045313j:image

嫁さん号が復活しました。そろそろ洗車してやろうかな…。

 

早く釣りに行きたいのですが、あと少し辛抱しますね。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。