はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。スマートフォン用の表示画面より過去記事一覧を確認する場合は、ページ最下部からPC版へ表示を変更して頂き、ページの最下部をご覧下さい。

2月23日 カレイ狙いで出撃

2月23日、祝日に須磨海岸へカレイ狙いで出撃してきました。

 

寒の戻りになる予報でしたので、実は前日まで出撃するか否かを迷っていましたが、とりあえず前日は早めに床に入り、起床した向きで考えようと思い目覚ましアラームをわざとセットせずに就寝しました。

 

起床は午前2時。勝手に目が覚めましたが、頭が重く寝不足感がかなりあります。ひょっとして花粉の影響かも?意を決意して布団から這い出し、釣りに行く準備に取り掛かりました。

 

土日祝日は4時開店(だったと思います)の尼崎のサワムラ商店でアオムシ2000円分、マムシ1000円分を購入し、一路須磨海岸を目指します。

 

 

5時半

f:id:hamafish:20210223202100j:image

須磨海岸には5時前に到着しました。幸い目指していた小波止の先端には誰もいませんでしたので、三脚をセットしヘッドライトを頼りにタックルを準備していきます。

 

写真は竿4本の準備が整い、ホッとひと息ついた5時半頃の写真です。小波止より東側を見たアングルですが、暗くて分かりにくいですね。ちょうど写真中央より右側に須磨水族館があります。

 

アナゴ
f:id:hamafish:20210223202104j:image

とりあえずアオムシの1匹掛けをして仕掛けをチョイ投げで投入していきます。今回は夜釣りではありませんので、ケミホタルは持参しませんでした。

 

様子見で竿を手に取ると違和感あり。巻いてくるとアナゴが付いていました。夜明け前にアナゴ祭り突入かと思いましたが、1匹釣れた後は全くアタリ無しでした。

 

 

 

 

6時20分
f:id:hamafish:20210223202047j:image

小波止先端の右側に釣り座を構え、カレイが釣れてくれることを祈りながらじっくり腰を据えてアタリを待ちます。

 

波止先端から向かいの沖波止までの距離は100mチョイしかありませんので、当初は波止から左右斜めに投げ分けていましたが、6時前にエビ撒きのハネ(スズキ)狙いの方が来られましたので左側をお譲りし、右サイドだけで戦うことにしました。

 

 

朝焼け
f:id:hamafish:20210223202115j:image

海辺から見る朝焼けは本当に綺麗です。朝のマヅメ時は魚がエサを食ってくる確率が上がる為、毎度の事ながらドキドキ感が半端ありませんね〜。

 

 

ヒガンフグ
f:id:hamafish:20210223202028j:image

ハネ狙いの方には早々と2匹続けてのヒットがありましたが、私はというとヒガンフグばかりが釣れてきます。カレイのように糸フケの出るアタリを出してくれますが、その後はピコンピコンと穂先を揺らすアタリが続きますので、竿を手に取らなくてもなんとなくフグだと分かります。

 

持参したタモ網は、隣の方が掛けたハネを取り込む際に使用しましたが、なんとか自身の獲物を取り込みたいものです…。

 

 

 

 

アタリよ来い
f:id:hamafish:20210223202123j:image

ロケーションは良いのですが、カレイらしいアタリは出ませんね〜。

 

 

ヒガン様
f:id:hamafish:20210223202110j:image

またもやヒガンフグ。しかもかなりデカイ(笑)。腹がパンパンなので、春の産卵を控えて真子や白子がどっさり詰まっていると思われます。

 

 

 

ヒガン様ダブル
f:id:hamafish:20210223202024j:image

糸フケが出るアタリが出ましたので、しばらく待ってから合わせを入れました。なかなかの重量で、ひょっとしてカレイか?と思いましたが、やはりヒガンフグでした。しかもダブルです。

 

10時を回り、ハネ狙いの方は片付けを始めました。

 

「そろそろ片付けて撤収しますね」

 

「ハネが2匹釣れて良かったですね〜」

 

「いやー、場所を譲ってくれたおかげですよ」

 

「私はフグばかりでウンザリです。なんとか1匹釣れてくれれば良いのですがねぇ…」

 

なーんて話をしていると、右サイドに投げていた竿先に微かなアタリが出ました。しばらく見ていると張っていた道糸がタラーンと緩み、カレイ指南の教科書みたく、見事?な糸フケが出ました。

 

「これはカレイかも!」

 

一呼吸置いて竿を手に取ってゆっくりと聞き合わせをします。なるほど何かが食ってましたので、合わせを入れて鉤掛かりさせました。

 

巻き始めこそ軽い感じでしたが、岸に近づくにつれて独特の抵抗感が出てきます。底を這うような重たい感じ…久しぶりのあの感触です。

 

「カッ、カッ、カレイや〜!!」

 

念のために波止から抜き上げず、砂浜へずり上げてカレイ野郎を逮捕してやりました。

 

 

 

マコガレイ
f:id:hamafish:20210223202031j:image

5時半から釣りを開始し、10時過ぎになんとかマコガレイを無事に逮捕することができました。

 

35cmチョイの肉厚カレイちゃん。やっぱり釣れると嬉しいですね。

 

 

 

 

ガンゾウヒラメ
f:id:hamafish:20210223202044j:image

しばらく放置していた竿にはガンゾウビラメが付いていました。鉤は口ではない所に掛かっていましたので、何かの拍子にスレ掛かりしてしまったと思われます。コイツは鉤を外して優しくリリースしてあげました。

 

 

 

10時半
f:id:hamafish:20210223202056j:image

この後、チャンスとばかり打ち返しをしていきますが、なかなかアタリは出ず。

 

 

 

キビレチヌ
f:id:hamafish:20210223202035j:image

居食いしていたのが、竿先には明確なアタリが出ないまま巻いてきたら付いていた…みたいな感じでキビレチヌが釣れました。

 

エサが無くなる正午過ぎまで粘りましたが、カレイは1匹止まりでした。

 

  

 

ヒガンフグ
f:id:hamafish:20210223202053j:image  

当日の釣果です。ヒガンフグが6匹。かなりデカイです。

 

 

キビレチヌ 
f:id:hamafish:20210223202107j:image

居食いしていたキビレチヌ。

 

 

マコガレイ
f:id:hamafish:20210223202038j:image

本命のマコガレイ。

 

 

ハネ
f:id:hamafish:20210223202016j:image

隣の釣り人に頂いたハネ。45cmほどありました。

 

アナゴ
f:id:hamafish:20210223202020j:image

まだ暗い内に釣れたアナゴです。

 

フグ祭りみたいになりましたが、今回は久しぶりにカレイの顔を見ることができて良かったです。

 

マグレで釣れただけやろ?と思った方はポチり願います。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。