はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。スマートフォン用の表示画面より過去記事一覧を確認する場合は、ページ最下部からPC版へ表示を変更して頂き、ページの最下部をご覧下さい。

半夜のイカ狙い

6月某日、最近よく利用している梶島丸さんに乗船し、半夜のイカ釣りに行ってきました。

 

出船は14時、終了は22時を予定しております。日暮れまではアジ、イサキを狙い、その後はイカを狙う予定ですが、果たして予定通り上手くいくのか…。

 

梶島丸

f:id:hamafish:20210621224258j:image

昨日までの雨は昼までには止み、風も無く、暑くもなく絶好の釣り日和です。

 

期待感マックス(笑)。

 

 

出船!
f:id:hamafish:20210621224210j:image

14時過ぎに港を出船し、ポイントを目指します。冠島の手前でイサキ、アジを狙い、そのまま同じポイントで夜イカを釣るとのことです。

 

イヤー、ワクワク感が半端ありません。仕事で色々あり、精神的にもかなり疲労していましたが、釣りで(ほんの少し)英気を養うことができるので、やはり週末の釣行は私にとって欠かせません(笑)。

 

ポイントまでは30〜40分の時間を要しますので、ゆっくりとタックルの準備ができます。

 

 

 

雲の様子
f:id:hamafish:20210621224224j:image

ポイント到着までに雨が降ってきました。思いの他降雨量が多く、レインウェアがないと戦闘不能になるレベルでした。

 

 

 

実釣開始!
f:id:hamafish:20210621223910j:image

釣り開始後、しばらくすると気になっていた雨は止みました。やはり雨はイヤですね。

 

 

 

艏左舷
f:id:hamafish:20210621223924j:image

同じ船に乗っていても、左舷右舷、艏か艫で釣果は大きく変わってきます。

 

天秤フカセでのイサキ、アジ狙いですので、当然潮下のほうが撒き餌の効きが良いので釣果が出ます。通常は船首側(艏)を潮上に、船尾側(艫)を潮下につけるので、私の左舷艏はイマイチの釣り座となります。

 

まっ、釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れんので、あとは基本に忠実にやるだけです。

 

 

 

ウマヅラハギ
f:id:hamafish:20210621223921j:image

棚が深すぎたのか、ウマヅラが立て続けに2匹釣れました。

 

今回、シーボーグの新型の2回目の実釣使用ですので、前回はよく分からなかった使い勝手の良さを存分に楽しみたいと思います…。

 

が!!

 

水深70m程のはずが、オモリが着底後にカウンターを見ると、なんと30mの表示になっていました。

 

「なんでやねん」

 

糸巻き時にPEラインの長さ入力を間違えたのが原因か?リセットボタンを長押ししたのがダメだった?

 

イロイロやってみるも正しい水深が表示されずでしたので、仕方なくそのまま続行しました。

 

 

 

水面
f:id:hamafish:20210621224206j:image

ウネリもなく、穏やかな水面です。これで爆釣すれば最高なのですが…。

 

 

サブ竿
f:id:hamafish:20210621223857j:image

サブ竿はダイワのスリルゲームにレオブリッツ200の組み合わせです。こちらは臨機応変に仕掛けを変えて、イロイロやってみるつもりです。

 

 

 

ガシラ
f:id:hamafish:20210621224228j:image

潮が流れず、胴付きの方がエエかも…。

 

底モノのガシラと、またまたウマヅラが釣れました。

 

 

 

イサキ狙いも…
f:id:hamafish:20210621224238j:image

狙いのアジ、イサキは全く食ってこず、時間だけが経過します。当初は、アジとイサキを大量に釣り、日暮れからマイカが爆釣する算段でしたが、アジもイサキも釣れません。

 

 

ガシラ
f:id:hamafish:20210621224243j:image

胴付きのサビキ仕掛けにチェンジすると、サバ子が釣れたので、コイツをサブ竿の飲ませ仕掛けに付けて海中へドボン。

 

着底と同時にサバ子が暴れる前アタリが出たあと、ガガンと本アタリが出ました。竿をゆっくりと煽って鉤掛かりさせると、あとはすんなり上がってきました。

 

30cmチョイのガシラでした。

 

同サイズをもう1匹追加した後、イカ釣り用の集魚ライトが点灯しました。

 

 

 

夕暮れ
f:id:hamafish:20210621223906j:image

艫側ではアジが入れ食いになっていましたが、私は早々にイカ仕掛けの準備に取り掛かりました。

 

暗くなるまではアジ狙いに徹するべきでしたが、何を思ったのか集魚ライトが点灯下すぐに残っていたオキアミを全て海に捨ててしまいましたので、イカにチェンジするしかありません…。

 

アホですね〜。

 

 

イカ準備
f:id:hamafish:20210621224221j:image

メインの竿には18mのスッテ仕掛けをチョイスしました。スッテは8つで、小さなエギタイプとエサ(サバの切り身)を巻けるタイプを1つずつ付けてみました。ちなみにオモリは80号です。

 

 

 

f:id:hamafish:20210621224618j:image

サブ竿は10mをチョイス。スッテは5つ。自分の仕掛けとオマツリすると最悪ですので、オモリは60号と50号の2つを付けて計110号としました。潮の流れを見ながら、出せるようであればサブ竿も使用してやるつもりです。

 

 

スルメイカ

f:id:hamafish:20210621224202j:image

開始早々に明確なイカ独自のアタリが出ました。上がってきたのはまぁまぁのサイズのスルメイカです。なかなか幸先が良いので、上手くいけばかなりの数釣りができるのでは?と淡い期待を抱きます(笑)。

 

 

追加
f:id:hamafish:20210621224247j:image

更に1杯追加。またもスルメイカでした。マイカ(剣先イカ)が欲しいところですが、まぁ、釣れるのなら何でもエエか…。

 

 

 

真っ暗に
f:id:hamafish:20210621224235j:image

あっと言う間に辺りは真っ暗になりました。集魚灯にダツを始めとしたいろんな魚が集まってきます。

 


f:id:hamafish:20210621224250j:image

メイン竿のリールは、相変わらずカウンター表示がおかしいまま直りません。

 

底取りした後は、デッドスローで巻き上げるだけなので、カウンターがおかしくても大丈夫ですが、イサキやマダイの天秤フカセ狙い時は正確な棚取りが必要ですのでカウンターが故障すると致命傷になりますね。

 

 

 

追加
f:id:hamafish:20210621224214j:image

イカはポツポツと釣れますが、バラシのなんと多いことか…。

 

良型のマイカらしきアタリが出ます。グイングインと引っ張られたあと、期待感満載で仕掛けを上げてみると何も掛かっておらず…なんて事が何回も発生します。

 

やはり腕が悪いのか、なかなか釣果が伸びません。

 

 

 

 

釣果
f:id:hamafish:20210621223903j:image

全体的にはこんな感じです。

 

イカ
f:id:hamafish:20210621224255j:image

イカは結局スルメが大半でした。剣先と合わせて9杯。

 

 

根魚とハゲ
f:id:hamafish:20210621223914j:image

ガシラとウマヅラですが、なんとも中途半端な釣果です。イサキとアジが欲しかった….

 

ガシラ
f:id:hamafish:20210621223917j:image

ガシラは最大30cmが2匹と、あとは煮付けサイズが3匹でした。

 

当初はアジとイサキがバコバコ釣れて、日没後はこれまた剣先イカが大漁…という算段でしたが、実際にはなかなか上手くいきませんでした(笑)。

 

次はキス狙いで出撃します。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。