はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。

釣果アナゴの天ぷら、その他

時間が経過してしまいすぎですが・・・。

おきまりの釣行後の料理ネタです。

3/16(土)夕刻〜翌朝にかけての夜釣りでの獲物(ショボいですが)を調理してやりました。普段、アジが釣れると現地で頭と内臓を取って綺麗に洗ってから帰宅するのですが、今回は現地処理していなかった為、全てを自宅で処理し非常に疲れました・・。


アナゴ

60〜70cmほどでしようか。釣れた直後に背骨を切断し、海水に浸けて血抜きした後にクーラー内で冷やしていましたので鮮度は抜群です。全く臭みも無く、見るからに(?)美味そうですね。



背開き

熱湯をかけてから出刃包丁でしごいてヌルを取り、目打ちした後で素早く背開きにしていきます。中骨は、目打ちのまま出刃包丁を滑らせて身から外していきます。一見難しそうな背開き・・・ある程度の練習は必要ですが、コツさえつかめば簡単にできます。



下処理完了

少量の振り塩をしてラップ→冷蔵庫へイン。これで1匹分なので、かなりの身がとれます。刺身で食べる分は念のため流水で綺麗に身を洗いました。



カサゴ

26cmのカサゴ。煮付けがラクチンですが、今回は久しぶりに刺身で食ってやろうと思います。しかし、胴体の割に頭がデカいですね・・・。



アナゴ天ぷら

外はカリッと中身はフワフワで本当に美味いです。スーパーの総菜で売っているアナゴの天ぷらも美味いですが、釣れたての足元にも及びません。



アジフライ

定番ですが、ボリュームもあって美味しいです。翌日の弁当にも入るパターンですな。


アナゴ刺身

身をそぎ切りにして適当に並べただけですが、味が濃くて非常に美味いです。何年も前から刺身で食っていますが、やはりこいつは最高ですね・・。

アナゴの刺身はまず売っていませんので、専門店で食べるか自分で調理して食べるかしかないと思いますが、一度食べると病みつきになる美味さです。ただ、アナゴの血と粘液には血清毒が微量ながら入っていますので、事前の血抜きはもちろんのこと、念のために流水で綺麗に洗っておいたほうが良いと思われます。まっ、アナゴの生き血をゴクゴクとコップで飲むわけではないので全く問題無いと言う方もいらっしゃいますが、基本ビビりなワタクシ・・念には念を入れないと・・・。



カサゴ刺身

こちらも適当に並べただけですが、ほんのりと甘みがあって美味いですね〜。


超新鮮な魚を腹いっぱい食べられる幸せ。釣り人の特権ですね。


次はカレイ狙い!?


投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリで元気倍増!励みになります。
↓↓
みなさまの応援ポチリをお待ちしております。
↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。