はまちゃん釣り日記Ⅱ

釣りと料理ネタを中心に、日々のどうでもよい内容を気ままに書いています。スマートフォン用の表示画面より過去記事一覧を確認する場合は、ページ最下部からPC版へ表示を変更して頂き、ページの最下部をご覧下さい。

糸島でカキ満喫

2/23(日)、糸島は船越漁港のカキ小屋で久しぶりにカキを満喫してきました。

 

転勤の為、福岡に居住し始めて早いものでまもなく丸5年が経過しようとしています。福岡に来る前は広島に3年(これまた転勤で)住んでいましたので、地元の関西を離れてからまもなく(ついに)丸8年です。九州を離れる日が近づいている?(かもしれない)こともある為、今のうちに食べ納めをしておかなくてはなりません(笑)。

 

みわちゃんカキ

f:id:hamafish:20200224055956j:image

船越漁港のカキ小屋はたくさんありますが、いつも私が行くのは「みわちゃんカキ」です。初めて船越漁港のカキ小屋を訪れた際、たまたま入ったお店が「みわちゃんカキ」さんでしたので、ただなんとなく、ここに来たら「みわちゃんカキ」しかないな…みたいな感じになってしまっています。

 

 

店内
f:id:hamafish:20200224055949j:image

生簀には、カゴに入った牡蠣が大量に入っていました。いかにも美味そうです。

 

店内全景

f:id:hamafish:20200224060421j:image
f:id:hamafish:20200224060424j:image

モザイクだらけでよく分からないと思いますが、皆さん備え付けのナイロンジャンパーを着用しています。焼きガキが爆発してしまった際の飛び汁が衣服に付着するのを防止するためのジャンパーなのですが、注意していても(規模の大小はあるものの)カキが爆発することが多いので、着用したほうが無難ですね。

 

 

カキ盛り
f:id:hamafish:20200224055933j:image

カゴに一盛りで1000円也。今回は追加で二盛り注文し、合計三盛りを食らいました。

 

 

焼きカキ開始
f:id:hamafish:20200224055939j:image
f:id:hamafish:20200224055953j:image

カキ小屋通の方には説明は不要ですが、行かれた事がない方の為に焼き方のレクチャーを…。

 

まず、平らな方の麺を下に向けて焼いていきます。次に殻から水気が出てきたら反対側にひっくり返します。あとは自然に殻が開くのを待つだけ。オイスターナイフで殻を開け、身を殻から外せばオッケーです。

 

ポン酢と醤油はテーブルにありますので、好みに応じて焼きガキにかけて食べれば良いのですが、チーズやバターを持参しても美味しく食べられると思います。ちなみに我が家ではマヨネーズを(時々レモン)持参しております。

 

 

メニュー
f:id:hamafish:20200224055931j:image

良心的な値段設定ですね。まっ、いつもは焼きガキとカキ飯しか注文しませんので、私にとってメニューは不要なのですが(笑)。

 

コンロで焼くもの以外は、ビール類を含めて基本持ち込みは自由なので、我が家ではおにぎりをよく持参します。車なので、残念ながらビールは飲めませんが、美味いカキを腹一杯食えるので満足です。

 

はまぐり追加
f:id:hamafish:20200224055921j:image

今回ははまぐりが食べたくなり、4個だけ注文しました。

 

 

はまぐり
f:id:hamafish:20200224055946j:image

日本酒が飲みたくなりますね〜。

 

カキ飯
f:id:hamafish:20200224055943j:image

これで250円也。腹が減っていましたので、一人で1.5人前を平らげました。焼いたカキを、このカキ飯の上に乗っけて食べるとホントに美味いです。

 

 

完了
f:id:hamafish:20200224055924j:image

ごちそうさまでした!家族3人で占めて4500円程でした。

 

 

春は近し
f:id:hamafish:20200224055936j:image
f:id:hamafish:20200224055927j:image

土手にはつくしがたくさん生えており、てんとう虫が忙しなく動きまわっていました。

 

春はまもなくですね。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 投げ釣りブログランキング参加中。応援ポチリ願います。